福岡市渇水対策

この記事は、過去アメバーブログに掲載していたものを移転したものです

水が貴重な資源であるということに、まだ多くの人は気づいていないように思います。

世界的に見れば、石油よりも水の値段の方が多い地域もあり、きれいな水が無料で飲める、というか水道の水が飲めるという国も多くはないようです。

水のことだけでも多方面の話が展開できそうですが、今日は福岡市の水のお話。

梅雨の時期なのに、雨がふらないので、水は大丈夫かな思ったわけです。

福岡市は昭和52年~53年(1978~79)に大渇水を経験しています。

私が高校生の頃です(汗)

記録によりますと、昭和53年の5月には、貯水率が20%を切っていたそうです。

それで心配なので、現在の貯水率を調べてみると・・・・

80%程度はあるようですね。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/mizu/mizukanri/machi/002.html

あの「江川ダム」が75%ですから大丈夫でしょう。

福岡市民であれば、誰もが知っているであろう名前「江川ダム」です。

その大渇水を経験して、福岡市は、あることを実施しました

「節水コマ」の各家庭への設置です

何のことはない、水道の蛇口の中にコマのような部品を入れることで、流量を抑えるというもの

    コレが節水コマ
        ↓
節水コマ

福岡市の家庭の蛇口には必ず入っているはずなんですが・・・

でも、

最近はその節水コマの使用率が減ってきているらしい

その理由は・・・・

蛇口が、昔のようにひねるタイプから、上下レバーに変わリつつあるからだそうです(汗)。

消える節水コマ(西日本新聞 2001年の記事です)
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/0105/koma/sesuikoma.htm

あれから37年・・

いいのか福岡市!
大丈夫か福岡市!

150万都市にまで成長した福岡市。

東日本からの人の流入も多いのではないかと思われます。

「水と安全はタダ」という時代は、もうとっくの昔になくなってしまいました。

先日から書いている、東城先生の「家庭の勉強」ではないですが、きちんと家庭で水の大切さ、ありがたさを教えていれば、節水コマなど無くても、いつも節水になるんだろうなと思うわけです。

きちんと家庭から。

それが広がることで「水と安全はタダ」という時代を取り戻したいと思います。

高木おやじ

高木おやじ

投稿者プロフィール

物質文明が盛りの日本や世界で、どのようにして地球共存型の社会を築いてゆくことが出来るか。そんな手がかりを求めて福岡の街を歩き、良い変化をもたらしてゆきたいと思っております。

1962年生まれ、山羊座、A型、理系
穏やかなように見えて実は短気、なんとなくスジが通っていないと不機嫌。理論的でよく考えているようで実は間抜けなタイプ。20年の会社員生活を経て独立。基本ベジタリアン、

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. 2017-9-1

    ヴィーガンフェス福岡が開催されます

    ここまで来るのが長かったね。 個人的には待ちわびたイベントの登場です。ヴィーガンフェス福岡。 …
  2. 自然食NIIHARA

    2016-10-22

    福岡浄水通のNIIHARAさんで、丁寧でオーガニックな食事をいただいてきました

    福岡の高級住宅街ともいえる浄水通り 薬院から福岡市動物園の高台まで続く、緩やかな坂の途中にあるのが…
  3. 福岡東部オーガニックフェア

    2016-8-20

    福岡東部オーガニックフェアに行ってきました。

    2016年7月31日(日)に福岡市東区の「そぴあしんぐう」で行われました、福岡東部オーガニックフェア…
ページ上部へ戻る