生きる力は、「家庭での勉強」で育まれる。

この記事は、過去アメバーブログに掲載していたものを移転したものです

食関係に携わっていながら、東城百合子先生の講演を聞いたのは初めて(汗)

本は数冊読んでいたんですが、聞いた気になっていました。

何度も何度も、日本全国でお話をされていますね。

ご高齢でありながら、お声に張りのあること。
東城百合子先生講演会

講演を聞いて思ったことですが・・・

勉強について。

家庭での勉強がいかに大切であるかということです。

「家庭での勉強」とは、掃除、洗濯、炊事、身の回りのことなど、洋裁や大工仕事なども出来ればいいですね。

これらは、人が生きてゆく上で、最低限必要なことです。

数十年前までは、これらが出来て当たり前、一人前だったわけです。

しかし・・・

どうも頭でっかち、いわゆる左脳人間ばかりがもてはやされるようになってきて、頭が良ければ、高い給料をもらえるということで、「家庭の勉強」はしてはいけないことになり、もっぱら、知育だけが勧められてきました。

そういう家庭で育った人間が、政治や官僚となり、この国を動かすようになったらどうなるか。

それでも少し前まではホンダの本田さんや、土光さんなどの、昔ながらの人たちが生きている時代は、まだ良かったわけです。

たぶん、土光さんや本田さんなど、昔の人は、きちんと「家庭での勉強」をさせられてきたのだと思います。

それが普通だったからです。

だからこそ、人としての見識と包容力、人間力が出てくるのでしょう。

しかし、

今の人達は、上辺だけの知識だけの人間になってしまいました。
そういう人が、人の痛みや苦労をわかるはずがありません。
だから、酷い経営者や、酷い政策がまかり通るのです。

家庭の勉強をして来なかった彼らは、「生きる」ということを知らないのです。
人は、息をして食べて寝るだけでは生きているとは言わないのです。

家庭での勉強が、生きる力を育てる。

お金が全ての世界では、知力が良ければいいわkですが、そんな人たちが進める世界では、この世は滅んでしまうでしょう。

それが今の現実です。

家庭から「生きる力」を育ててゆきましょう。
家庭が、お母さんが、全ての人を育ててゆくのです。
ぜひとも、学校の勉強でなく、家庭の勉強をさせてください。

今の時代。
これだけ悪くさせられたのも、計画的なことだと思います。

それは、

男女同権を勘違いさせ、
女性の社会進出を勘違いさせ、
家庭を崩壊させることで、

「家庭での勉強」を出来ないようにするためです。

あの、アーロン・ルッソが証言していますね。

ウーマンリブ運動が一体どのような目的でなされたのか・・・
その背景は・・・

こちらの動画をどうぞ
  ↓

ここまで荒廃すればこそ、光が見えてくるのだと思います。

光は家庭から。

女性は太陽。

オヤジとしては、全ての女性のみなさまにお願いするしかありません。

男は役にたたないのですよ。

お子さんには、生きる力を教えてあげてください。

よろしくお願いします。

高木おやじ

高木おやじ

投稿者プロフィール

物質文明が盛りの日本や世界で、どのようにして地球共存型の社会を築いてゆくことが出来るか。そんな手がかりを求めて福岡の街を歩き、良い変化をもたらしてゆきたいと思っております。

1962年生まれ、山羊座、A型、理系
穏やかなように見えて実は短気、なんとなくスジが通っていないと不機嫌。理論的でよく考えているようで実は間抜けなタイプ。20年の会社員生活を経て独立。基本ベジタリアン、

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

  1. 2017-9-1

    ヴィーガンフェス福岡が開催されます

    ここまで来るのが長かったね。 個人的には待ちわびたイベントの登場です。ヴィーガンフェス福岡。 …
  2. 自然食NIIHARA

    2016-10-22

    福岡浄水通のNIIHARAさんで、丁寧でオーガニックな食事をいただいてきました

    福岡の高級住宅街ともいえる浄水通り 薬院から福岡市動物園の高台まで続く、緩やかな坂の途中にあるのが…
  3. 福岡東部オーガニックフェア

    2016-8-20

    福岡東部オーガニックフェアに行ってきました。

    2016年7月31日(日)に福岡市東区の「そぴあしんぐう」で行われました、福岡東部オーガニックフェア…
ページ上部へ戻る